2020.4.1 林研に6名のB4が配属されました。

2019.11.07
アガロースゲル中の、Mn-Fe PBAの沈殿パターンの研究が論文発表されました。

2019.10.17
PBAに吸着したCsのXAFS利用研究が論文発表されました。

2019.6.10
林研で開発した「ストローセル」の研究が論文発表されました。

2019.5.9
林研のPBAへのCs吸着の研究が論文発表されました。


2019.2.19 王立化学会が発行している雑誌(JAAS)の2018年度トップ10査読者に、林教授が選定されました。

2018.3.29
「X線分析の進歩」誌に「ゲル中の沈殿パターンのX線分光分析」が掲載されました。

2017.4.3
「X線分析の進歩」誌に「私家版・レントゲンとその時代」が掲載されました。

2010.11.15
林研オリジナルの共鳴X線非弾性散乱(RIXS)シミュレーター「SIM-RIXS」のダウンロードサイトができました。

2010.7.24
 林研オリジナルのX線小角散乱シミュレーター「SIM_SAXS」のダウンロードサイトができました。

2006.4.1 日本女子大学・理学部・物質生物科学科に「X線物理化学研究室(林研)」が設置されました。
直線上に配置
アイコン  メンバー
アイコン  研究成果
Research Gate

Since 09/06/2010

English
Academia
カウンター

←リーゼガングバンド
林研で発見したMn-Feプルシアンブルー類似体のリーゼガングバンド。写真をクリックすると動画でバンドの成長が見られます。こうした不思議な沈殿パターンの研究をX線分光分析法ですすめています。

         Welcome to the homepage of
  X-ray Spectroscopic Chemistry Laboratory

             Hayashi Laboratory  
(Department of Chemical and Biological Sciences, Japan Women's University )

リストマーク
林研が開発・研究してきたX線分光法と応用例(日本語)
リストマーク
 林研では、X線を用いた新しい分光分析法を開発しながら、ゲル中での反応−拡散過程を中心に、無機物質の基礎化学を研究しています。実験室のX線機器だけでなく、放射光を用いて、先端的な計測に挑みます。また、新しい方法で得られた新しいデータを理解するため、計算機を用いた理論的なアプローチも行います。
林 久史 研究室 (X線物理化学研究室) のご案内
林研の参考情報
林研ニュース
リストマーク
Kβ"発光分光
 小角X線非弾性散乱
 寿命幅フリー・価数選別XAFS
 X線非弾性散乱
実験室・高分解能発光分光
Lγ発光分光
Kβサテライトのゾルゲル法への応用
 共鳴X線非弾性散乱
 微分型X線ラマン散乱
 X線ラマン散乱