分析化学で有名なプルシアンブルー。このプルシアンブルーと似た物質は、MnやCoなど、他の遷移金属からも生成します。これをプルシアンブルー類似体といいます。このプルシアンブルー類似体をゲルの中で作成したところ、特徴的な縞模様があらわれました。これは「リーゼガングバンド」として、古くから知られている構造ですが、プルシアンブルー類似体で見られるとは、誰も予想していませんでした。この新しく見いだされたリーゼガングバンドの中で、どんな物質ができているのでしょうか?林研では、時間分解・蛍光X線分析法と空間分解・X線吸収分析法を組み合わせて、この謎に挑んでいます。詳しくはこちらをどうぞ。
直線上に配置
プルシアンブルー類似体によるリーゼガングバンドのX線分析

トップ アイコン
トップページヘもどる

リストマーク
トピックス
直線上に配置