研究室公開討論会

2000年度より、毎年石川研究室公開討論会を開催しております。

  年度 テーマ
  2011年度 首都直下地震に備える
−3.11で明らかになった課題と自宅滞在型避難生活に向けて−
  2010年度 市民防災力の向上と建築主の意思決定支援
−建築社会学からみた人・社会・建築
  2009年度 建築社会学にかかわる種考房の活動から(報告)
専門家と市民をつなげる−卒業論文を中心に
  2008年度 顧客・市民の意識、要求をふまえた建築設計
−種考房の建築社会学の視座から−
  2007年度 種考房の建築社会学における活動
  2006年度 説明性・危機管理を中心とした種考房の活動から
  2005年度 市民・社会と専門家をつなぐ
−「種考房 つ・く・る」の創設−
  2004年度 いま、住宅に求められるもの
−防災、住宅性能、地球環境を中心に−
  2003年度 自分の身は自分で守る。自助防災を推進するために…
−意識改革から減災へ−
  2002年度 いま、大学教育を問い直す
構造・防災教育の現場から
  2001年度 LCCのIT・ネットワークを研究や調査活動にどう活用するか?
−市民個々とのコミュニケーションツールとして−
 

2000年度

大学に期待する研究と教育
21世紀における研究テーマの方向性はどうあるべきか
ご覧になりたい年度をクリックすると、詳細ページが表示されます。