石川孝重
社会は、新しい発想を生み出す人間,ものを創り出す人間を求めています。そのためには、時代の変化に対応できる柔軟な思考が必要です。最近「これはこういうものだ」とある一面からの判断で全てを決めてしまう人が増えているようにも思いますが、これではもっている能力を発揮することは難しく、新しい展開にブレーキをかけることにもなりかねません。無から有の創造には若い思考が不可欠であり、感受性と豊富な知識・論理性がそのベースになります。住居学科では、雑学とも言えるのかもしれませんが、様々な知見に出会うことができます。時代は、いま、感性と論理の調和です。この融合があなたの未来を決します。住居学科で学ぶあなたのセンスが”かたち”になります。

私のすすめる本