情報発信

■私の意見

■これまでに発表した論文・報告書(一部)



■私の意見
  

論壇 信頼社会に向けた建築−目標性能の決定主体と説明責任−
月刊鉄鋼技術,鋼構造出版,No.197,p.76〜81,2004年10月号

私の好きな言葉「感性と論理」
女子大通信,日本女子大学通信教育部,No.599,p.33,1998年12月号

建築のパラダイムシフト
建築雑誌,日本建築学会,Vol.115,No.1463,p.059,2000年12月

これからの構造安全性(阪神・淡路大震災を教訓として)
 1995年度版感性と論理 巻頭言


INTERVIEW 住まい手が質の高い住宅を選ぶために完成段階での性能表示が欠かせない
週刊住宅情報,平成11年5月5日号(第24巻第18号),p.57,平成11年5月5日

INTERVIEW 住宅を性能で選べるようになるには表示方法と住まい手の意識が重要だ
週刊住宅情報,平成11年5月12日号(第24巻第19号),p.41,平成11年5月12日

新法への対応 性能表示「構造安全性」への取り組み インタビュー 性能型設計の考え方 その1
新建ハウジング,新建新聞社,第138号,p.6,1999年11月10日

新法への対応 インタビュー 性能型設計の考え方 その2
新建ハウジング,新建新聞社,第139号,p.6,1999年11月20日.

特別寄稿 ユーザー、社会が認知する構造設計・評価の実現−対振動性能と構造設計との関係を通して−
Structure,日本構造技術者協会,第84号,pp.8〜9,2002年10月


授業の変革−e-Learningへの挑戦 日本女子大学生涯学習総合センターを通して
家庭科教育,第76巻,9号,pp.6〜11,2002年9月

日本女子大学「生涯学習総合センター」(仮称)案
日本女子大学学園ニュース,第150号,p.3,平成10年2月15日

産学TOPICS 第40回 日本女子大学
月刊経営塾,経営塾,p.117,2002年10月1日発行.

私のすすめる本 『中坊公平・私の事件簿』
女子大通信,日本女子大学通信教育部,No.639,p.38,2002年4月号

これまでに発表した論文・報告書(一部)
  ●性能設計・性能表示
ユーザー、社会が認知する構造設計・評価の実現−対振動性能と構造設計との関係を通して−
日本構造技術者協会,第84号,pp.8〜9,2002年10月.(JSCA)

ピクトグラムによる住宅の性能表示
日本女子大学紀要 家政学部第48号,pp.31〜36,2001年

新時代における性能設計と信頼性設計の展望−社会と対話する構造設計へのパラダイムシフト−
第30回安全工学シンポジウム 講演予稿集,OS5-3,pp.95〜98,2000年7月

性能のレベル設定について(2章)
「性能型構造設計法のあり方と性能評価尺度」シンポジウム資料,日本建築学会,pp.15〜23,1998年3月11日


●構造規定
社会的に要求される耐震安全性レベルの確率論的評価−ユーザーの要望をふまえた性能設計の構築に向けて−
日本建築学会構造系論文集,第543号,pp.23〜29,2001年5月

東京市建築條例学会案から市街地建築物法施行規則に至る立案過程とその特徴−構造関連規定の成立過程に関する研究−
日本建築学会構造系論文報告集,第406号,pp.13〜23,1989年12月

積載物に対する用途別荷重強さモデルの評価
日本建築学会構造系論文集,第516号,pp.45〜50,1999年2月

●揺れ性能・振動感覚
居住性能評価の現状
−第18回環境振動シンポジウム−性能設計に向けた環境振動評価,日本建築学会,pp.3〜8,2000年1月

広振動数範囲を対象とした水平振動感覚の評価に対する検討
日本建築学会計画系論文集,第506号,pp.9〜16,1998年4月

揺れ性能に関する要求レベルのわかりやすい表現−その1 言葉による振動感覚の表し方−
日本建築学会大会学術講演梗概集(東北)(環境工学T),40176,pp.365〜366,2000年9月

揺れ性能に関する要求レベルのわかりやすい表現−その2 定量的評価との対比と性能レベルの表し方−
日本建築学会大会学術講演梗概集(東北)(環境工学T),40177,pp.367〜368,2000年9月

揺れ性能に関する要求レベルのわかりやすい表現−その3 感覚のばらつきをふまえた設計資料として−
日本建築学会大会学術講演梗概集(東北)(環境工学T),40178,pp.369〜370,2000年9月

●防災・リスク評価
郵便配達員に着目した発災時の情報伝達システムの有用性と実現性の検証
第4回都市直下地震災害総合シンポジウム論文集,文部省科学研究費補助金特定領域研究「都市直下地震」総括班,c-2,pp.301〜304,1999年10月

リスク評価に基づく地震防災投資に関する研究−その1 研究の意義と進め方−
日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸)(構造U),21030,pp.59〜60,2002年8月

リスク評価に基づく地震防災投資に関する研究−その2 日本人の災害観から防災行動へ−
日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸)(構造U),21031,pp.61〜62,2002年8月

リスク評価に基づく地震防災投資に関する研究−その3 オーラルインタビューによる防災行動へ至る流れ−
日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸)(構造U),21032,pp.63〜64,2002年8月

リスク評価に基づく地震防災投資に関する研究−その4 防災投資の意思決定プロセスにおける要因分析−
日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸)(構造U),21033,pp.65〜66,2002年8月

●e-Learning
いつでもどこでも学べる個人対応型ライブ・VOD教育ツールの開発とその実践
第10回情報教育方法研究発表会 予稿集,D-10,pp.116〜117,平成14年7月6日